にんにくの豆知識

にんにくの豆知識

昔から「にんにく」は健康に良いと言われ続けています。ですが、独特の匂いから苦手意識を持っている人も多いですね。


最近は「無臭にんにく」や「黒にんにく」といった、ちょっと風変わりな「にんにく」も登場し、人気を呼んでいます。

スポンサードリンク

「にんにく」の産地

「にんにく」って、どこのものでも同じだと思っていませんか?


輸入品は中国産が多いですが、日本国内でも美味しい「にんにく」がとれる場所があるんですよ。某メーカーの栄養補助食品でもお馴染みの青森県産の「にんにく」は、とても美味しいと評判です。

日本でのニンニク生産量の70%を占めているのは青森県とされています。その県内でも特に田子町、十和田市などで多く作られているんですよ。


高級品として名高い「にんにく」ブランドは青森県内はもとより全国的にも知られています。

そのほか、青森県以外にニンニクの産地として挙げられるのは、生産量の多い順に岩手県、香川県、秋田県、福島県などとなります。

青森県の概要

青森県十和田湖

本州の最北端にあって三方を海に囲まれています。


ちょうど本州と北海道、環日本海圏と環太平洋圏をつなぐところに位置しています。


気候の特徴としては夏がとても涼しく、過ごしやすいことが挙げられます。


四季の変化もはっきりしていて、世界遺産に登録された白神山地や三内丸山遺跡をはじめ、豊かな自然と文化に恵まれています。

総面積 : 9606.26平方キロメートル
総人口 : 1436628 人( 2005 年現在)
特産物 : りんご、にんにく、ホタテ、長イモなど。

「変わりにんにく」

熟成黒ニンニク

それでは、「変わりにんにく」を紹介しましょう。


これらのニンニクを味わったら、これまでのニンニクのイメージがきっと覆されることでしょう。

「無臭にんにく」

「無臭にんにく」は匂いのもとになるアリシンという成分の生成を抑制したニンニクです。


市販されている商品の多くは栄養機能食品にも指定されていて、毎日の健康維持に役立ちます。


ニンニクの有効成分は残して、匂いだけを消した画期的なものなんですよ!


ニンニクそのままの物もあれば、エキスを凝縮してカプセルに閉じ込めたものなどもあります。


通販でも買えるので、ぜひ一度お試し下さい!

「黒にんにく」

テレビや雑誌でも取り上げられ、今注目を浴びている「黒にんにく」を知っていますか?「


黒にんにく」とは古来より強い薬効で知られる生にんにくを、1週間蒸し焼きにした後、じっくりと熟成させた自然食品です。


外観はキツネ色ですが、中身は酵素の働きでまっ黒。プルーンなどのドライフルーツにも似た甘酸っぱさです。


食べたあとの匂いも気にならないので安心して食べられますよ。


皮をむいてそのまま食べることができますが、1日1片が適量です。


冷え性やダイエットにも効果的と言われています。

スポンサードリンク

各項目・ページ内容紹介

ガリ田総司

では、「にんにくの豆知識」をテーマに「にんにくの効能と匂い」「にんにくの種類」「にんにくの栽培」の3つに分けたページの内容紹介をします。


「にんにく」の効能と匂い

にんにくの効能と匂い

「にんにく」は古くから世界中の人々に食べられてきました。なぜ人々は大昔から「にんにく」食べ続けてきたのでしょう?


その理由でもある効能について紹介しています。一粒の小さなニンニクには、とても大きな効能があるんです!


それとともに、ニンニクの匂いのメカニズムや消臭方法も説明しているので、ぜひご覧下さい。

「にんにく」の種類

にんにくの種類

みなさんは何種類知っていますか?知っているようで知らない「にんにく」の種類を紹介しています。


日本でも栽培されているもの、ニンニクの産地として有名な中国から輸入しているものなどに分けて説明しています。


それぞれに特長があるので、料理ごとに使い分けてもいいかもしれませんね。


また「にんにく」の上手な保存方法なども書いてあるので、参考にしてくれれば嬉しいです♪

「にんにく」の栽培

「にんにく」の栽培

家で栽培した「にんにく」には、お店で買ったものとは違った味わいがあります♪


そんなわけで「にんにく」の栽培方法を紹介しています。


農場と家庭でも栽培方法の違いを知ることができますよ。


そのほか、ニンニクを栽培するうえでの注意点や「葉にんにく」の育て方も説明しています。


ニンニクの栽培が始めての人でも分かりやすくなっているので、みなさんも手作りニンニクに、ぜひ挑戦して下さいね。

スポンサードリンク

PAGE TOP